屋根工事

住まいを守る屋根は、住む人が安心・安全に暮らせるように強くて丈夫に作られています。

ですが、約10年を過ぎた頃から屋根は除々に劣化し、防水機能も低下していきます。
屋根は普段目の届かない場所なので、ついつい見逃してしまいますが、そのままにしておくと雨漏りを引き起こす事態になりかねません。

前回の工事から10年が経っている場合は、一度メンテナンスを行いましょう。
また、板金工事も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

■主な屋根工事の種類

○葺き替え工事
古い屋根材を新しい屋根に交換する工事。
手入れしにくい野地板などの、下地部分まで補修することが可能なため、築年数の長い家でも安心♪
また、地震対策として、軽いストレート屋根へ葺き替えする住宅も増えてきています。

○カバー工事
既存の屋根材はそのままに、上から新しい屋根材を被せる工事。
カバー工事は低コストで補修ができるというメリットも◎
さらに、建物の断熱性や防水性も高めてくれます。

○雨漏り・補修工事
天井に雨染みができたり、壁紙が剥がれだしたら、雨漏りの合図です。
その際は、すぐに当社までご連絡ください。
雨漏り修繕は、その原因を正しく見極めることが重要になってきます。
屋根材の割れや浮き、漆喰の劣化などを点検して原因を突き止め、適切な補修工事を行います。

○板金
「板金」とは、主にスレート系の屋根材同士をつなぎ留めるのに使われている、薄い金属板のことを言います。
屋根同士の接合部をカバーし、雨水の浸入を防ぐ役割を担っています。
住まいの最も高い位置にあるため、突風で浮いたり、剥がれたりしやすく、台風後などは特に注意が必要。
最近では強力に固定でき、劣化しにくい製品が出ていますので、住まいの状況に合わせてご提案します。

一覧ページに戻る