内装リフォーム・リノベーション

部屋の中でも大きな面積を占める壁紙クロスや床材は、見た人にイメージを与える素材。
経年劣化と共に、色あせたり汚れたりしてくると、部屋全体が暗く、古い印象になってしまいますので、注意が必要です。

ずっと気持ちよく部屋で過ごすためにも、定期的な壁紙クロスの交換、床材・畳の張り替えは欠かすことはできません。
飽きのないシンプルなものに交換するか、遊び心をプラスして特徴ある素材を取り入れてみるか、選び方によっては部屋の印象をガラリと変えることも可能です。

また、新しく建て替えるよりも費用を抑えるために、中古住宅のリノベーションをお考えの方もお気軽にご相談ください。

■このような内装リフォームはお任せください

○壁紙・クロスの張り替え
壁紙の張り替え目安は、約5〜10年と言われています。
傷がつきにくい表面強化のものや、抗菌・脱臭効果のある壁紙もありますので、部屋の用途に合わせてお好きなものをお選びください。

○床の張り替え
変色やムラ、歩く際のきしみなどが目立ってきたら、そろそろ張り替えをご検討ください。
フローリング・クッションフロア・カーペット・タイルカーペット・畳など、様々な床材をご用意していますので、ライフスタイルや部屋の用途に合わせて最適なものを選びましょう。

○間仕切りの変更
間取りの変更は、動線を意識して設計することがポイント。
玄関やキッチン、隣の部屋への移動がしづらくなったり、空間全体の開放感を損なうことが無いよう、十分に配慮して行うことが大切です。
また、お住まいの耐震性に影響しないかどうかも、重要なチェックポイントの一つです。

○収納スペースの増設
「部屋が物で溢れてきた」という方にオススメ♪
部屋の一部をウォークインクローゼットにしたり、壁面に造り付けの収納棚を増設する際は、物が収まるかだけでなく、取りやすいかなど使い勝手も確認しましょう。

■リノベーションで資産価値向上

近年では「リフォーム」と「リノベーション」の違いは曖昧なものになりつつあります。

リフォームとは、老朽化した状態を新築時の状態に戻すという意味です。
それに対して、リノベーションはまったく別物。
「リノベーション」は既存の建物に大規模な工事を行うことで、機能性を新築時よりも向上させたり、建物そのもの価値を向上させることを指します。

「リフォーム」と「リノベーション」の最大の違いはここにあります。

当社がお届けする「リノベーション」はお客様の住宅設備の性能と価値の向上を目的とします。
物件そのものの資産価値を向上させる、仕上がりの良い施工を実現させます。

一覧ページに戻る